相続の開始

相続は、死亡によって開始する(882条)。尚、死亡には、失踪宣告、認定死亡も含まれる。
ということで、
失踪宣告とは
「不在者、生死不明の者(死体が確認できていない者など)を死亡したものとみなし、その者にかかわる法律関係をいったん確定させる」ことだそうです。

認定死亡とは、
「生死が不明な者(死体が確認できていない者)を死んだものとして扱う」ことだそうです。

むむ!、早くも違いがわかりません・・・。

相続について | リンク集

川崎相続遺言相談センター

引越し業者選びなら、引越し料金比較ガイドにて確認

WEB&SEO対策のホームページ制作 千葉で納得のホームページを

ホームページの効果を最大限に発揮するなら、SEO対策が必要不可欠です。

ホームセキュリティのホームセキュリティとアコム比較。防犯は自分で行う事が必要です。

相続の定義

相続(そうぞく)とは、自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること。一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続と称することが多いが、死亡を原因としない生前相続の制度(日本国憲法が施行される前の日本における家督相続は、死亡を原因とする場合もしない場合も含む)も存在する。

Wikipedia より